FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多額の借金を残して他界した?

岡崎より、相続通信を発行いたします。



被相続人が多額の借金を残して亡くなれらた場合、相続人はどうすればよいでしょうか?




それは、相続が発生したことを知った日(主に、亡くなられた日)から3か月以内に、家庭裁判所へ相続放棄の申し立てを行う必要があります。






また、出来れば主たる債務者には、内容証明郵便にて相続放棄してある旨、支払い義務のない旨や家庭裁判所から発行される相続放棄申述受理証明書についても記載し、通知すべきでしょう。





もし不動産があれば国庫に帰属することになります。猶予期間は6か月ほどになりますのでその間に新しい住居を探しておきましょう。






ホワット相続センターでは、相続放棄の手続きから内容証明の作成までサポートいたします。





お問い合わせ先:
ホワット相続センター岡崎デスク
行政書士志波法務事務所(2013年2月開業)
志波邦明 (しばくにあき)
0120-708-882
070-6412-0409
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

志波

Author:志波
はじめまして!
ホワット相続センターの志波邦明と申します。
愛知県岡崎市にて、相続手続き、準備専門のセンターとしてオープンいたしました。
相続のことについて、日々情報を発信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

ホワット相続センター岡崎デスク
志波邦明
(CFP、1級ファイナンシャルプランナー、行政書士)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。